Latest Posts

分け目変えて気づいた白髪。

美容師の母親が若いころから白髪体質だから、きっとあなたも白髪になるのが早いよと言われていたのですが、本当ですね。
20代から白髪で悩みを持つことにまりました。

頭を洗っているのに一部分がかゆい。ふと気づくとそのかゆいところから白髪が生えてきていました。
よく言われているみたいですね。“なんかかゆい”ってところから白髪が部分的に生集中してはえてきたりすることがあるみたいです。

仕事での悩みや、勉強で頭をいっぱい使っていた時がありました。
気分転換に分け目変えようと思い櫛をとおしてみると・・・・
あれれ!?なんか、白い毛がいっぱいある~!って状態になっていました。
どうも、ストレスや頭をつかっての仕事は白髪になるのを促進させるみたいですね。

自然の黒髪が好きだったのでいつ染めるかと悩みましたが、染めデビューをすることにしました。
市販や一般的なカラーは薬品なものが強い為、頭皮や子宮にも悪いので私は、自然で染まるヘナカラーで行うようにしました。
自分でもそめれるみたいですが、めんどくさいので私は美容院でしてもらっています。

ヘナカラーは自然なもので染めるしトリートメントや頭皮の掃除にもなるのでとっても優しいときいたので、一石二兆ですしね。
実際おこなっていますが、綺麗に染まるし頭皮も綺麗になるし髪も最初は少しきしんだけど、回数していくとつやつやしてきていて
健康毛になってきているのでオススメです。

白髪染めのランキングサイト

カラーリングはプロにかなうものなし!

30代半ば、突然、白髪がたくさんでてきてしまいました。しかも、全部トップ。かなり目立つ上に、まだら過ぎて見た目が汚い!不衛生な印象を与えてしま う…それまでは、カラーなんてほぼしたことがなかった私です。もともとダークブラウンよりの色でしたし、髪が傷むから避けていました。
でも!こんな状態になって、放置なんてできません!

と、いうことで、カラーリングに挑戦しました。まず、市販のヘアカラー剤から試してみることに。
本当にたくさんありますが、栗色を選択。根本からキレイにつけるようにしました。仕上がりは、鏡でみる限りでは問題ないようでしたが…

写真にするとまだら!しかも、汚く見えます…
と、いうことは、日光に当たっている時はこのような印象なのね…

その上、シャンプーすると当然色は落ちていき、まだらが更に目立つ!
まだらなので、髪が傷んで見えるため、苦労して疲れている人に見えてしまうという悲しい結果になりました。
これが、20代なら大丈夫だったかもしれませんが、30後半ともなると、印象が非常に変わってしまうので要注意です。

この失敗を踏まえ、美容室へ。
仕上がり、全然違う!
この差は、一目瞭然です。
まず、髪にツヤがある。傷んだような様子が見当たらない。微妙な色まで調合してくれるから、市販にはない色でどのようなイメージにも対応できる!
それと、シャンプーでもちろん色落ちするのですが、その色落ちの仕方も違いました。
ただ明るくなってしまうだけ。
苦労している人には見えません。
周りからも褒められました。しかも、何回も。

白髪染めは、年齢を重ねている人ほど、プロに任せるのがベストです。
髪の印象で、全体の印象が本当に変わります。どんなにメイクしても、オシャレしても、髪が傷んだ印象ならすべて台無しと言ってもいいくらいです。
もし、市販のカラー剤を使うのであれば、色はダークにすること。まだらも目立ちにくいからです。
そして、髪のケアを怠らず、ツルツルでいるようにすること。
髪は女性を左右するので、気を付けましょう。