Latest Posts

分け目変えて気づいた白髪。

美容師の母親が若いころから白髪体質だから、きっとあなたも白髪になるのが早いよと言われていたのですが、本当ですね。
20代から白髪で悩みを持つことにまりました。

頭を洗っているのに一部分がかゆい。ふと気づくとそのかゆいところから白髪が生えてきていました。
よく言われているみたいですね。“なんかかゆい”ってところから白髪が部分的に生集中してはえてきたりすることがあるみたいです。

仕事での悩みや、勉強で頭をいっぱい使っていた時がありました。
気分転換に分け目変えようと思い櫛をとおしてみると・・・・
あれれ!?なんか、白い毛がいっぱいある~!って状態になっていました。
どうも、ストレスや頭をつかっての仕事は白髪になるのを促進させるみたいですね。

自然の黒髪が好きだったのでいつ染めるかと悩みましたが、染めデビューをすることにしました。
市販や一般的なカラーは薬品なものが強い為、頭皮や子宮にも悪いので私は、自然で染まるヘナカラーで行うようにしました。
自分でもそめれるみたいですが、めんどくさいので私は美容院でしてもらっています。

ヘナカラーは自然なもので染めるしトリートメントや頭皮の掃除にもなるのでとっても優しいときいたので、一石二兆ですしね。
実際おこなっていますが、綺麗に染まるし頭皮も綺麗になるし髪も最初は少しきしんだけど、回数していくとつやつやしてきていて
健康毛になってきているのでオススメです。

白髪染めのランキングサイト

白髪を自宅で染める際にはどうすれば良い?

私たちの身体は、加齢と共に老化していきます。
しかし、現在では、年齢不詳の美魔女と呼ばれる女性も増えており、雑誌やテレビなどのメディアなどでも、よく取り上げられています。

けれど、いくら外見を若く見せても、どうしても年齢は身体に出やすく、特に髪の毛などは、加齢と共に成長ホルモンも少なくなりますので、白髪も目立ってきてしまいます。
白髪には、個人差もあり、年齢が高くても、白髪が少ない人もいれば、年齢が若いのに、白髪が多いと言う人もいるようです。
白髪が多いと、外見も気になるため、普段から白髪を染めている人も少なくありません。

でも、頻繫に美容室に行くと、お金も掛かってしまいます。
このようなことから、自分で白髪を染める人もいます。

自分で白髪を染める際には、市販の白髪染めを利用するケースがほとんどのようです。
この白髪染めにはいろんな種類があり、手軽に利用出来るものから、髪にダメージの少ないヘナなどの天然成分配合のものもあります。
価格も様々であり、500円ぐらいのものもあれば、1000円以上するものもあります。
また、ヘアカラー液を直接、髪に塗るタイプや、シャンプーやコンディショナーのように毎日使用して、序所に髪が染まるタイプもあります。
いずれも手軽ですので、自分が使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

白髪をすぐに染めたいならば、ヘアカラー液を髪に塗るタイプがおすすめです。
けれど、すぐに髪が白く戻るため、このような市販のタイプはあまり効果が無いと言う人も稀にいます。
白髪を自分で染める際には、少しだけ注意が必要です。

まず、白髪染めを選ぶ際には、ヘアカラーのタイプをしっかりとチェックしましょう。
染まりやすい泡タイプや、クリームタイプなどがありますが、白髪が少ない場合には、全部に浸透しやすい泡タイプを選び、白髪が目立つ場合には、がっちりと髪が染まるクリームタイプを選ぶと良いでしょう。

それに、髪が長い、白髪が多いと言う際には、ヘアカラーも多く必要となります。
その他にも、髪を染める部屋の湿度は、20~25度ぐらいで保つようにしましょう。
ヘアカラーを髪に塗って、そのまま放置するのではなく、髪にラップなどを巻いておき、しっかりと髪に色がつくようにするとヘアカラーが長く持ちます。
それに、ラップ以外にも、シャワーキャップなども便利です。
これらは100円均一でも販売していますので、ヘアカラーを購入する時に、一緒に購入しておくと良いでしょう。
また、ヘアカラーの放置時間ですが、短いとどうしても色がつきにくくなります。
少しだけ長く放置しておくと、髪にも色がしっかりとつきます。

ヘアカラーの放置時間が長いものほど、髪にダメージが少ないですので、髪のダメージが気になる場合には、パッケージをよく見ておきましょう。
そして、髪を染めた後は、ヘアカラー専用のシャンプーなどを使用して、アフターケアを行ない、髪の色を長持ちさせましょう。
ヘアカラーによっては、皮膚などに炎症が起きる場合もありますので、パッチテストはきちんと行なうようにしましょう。